【Laravel講座】tinkerを使ったテーブル操作

tinkerを使ったテーブル操作

前回は、Eloquentモデルについて紹介しました。

【Laravel講座】Eloquentモデル

2019.07.14

今回も続編で、tinker を使ったテーブル操作を紹介します。



tinkerを使ったテーブル操作

前回、作成したテーブルを引き続き使っていきます。

tinker

早速、tinker を起動します。

php artisan tinker

複数のカラムにデータを追加する

前回の記事で Mass Assignment の設定をしていれば、createメソッドを使って複数のカラムにデータを追加することができる。

それでは、復習でデータを追加してみます。

App\Test::create(['title'=>'title 3', 'content'=>'content 3']);

結果は以下の通りです。

tinker

ID を指定してデータ抽出

データベース(テーブル)に入っているデータを抽出します。

例えば、下記は ID が 2 のデータを抽出しています(配列として)。

App\Test::find(2)->toArray();

結果は以下の通りです。

tinker

条件付きでデータ抽出

条件付きでデータを抽出します。

例えば、下記は ID が 1 より大きいデータを抽出しています(配列として)。

App\Test::where('id', '>', 1)->get()->toArray();

結果は以下の通りです。

tinker

抽出したデータを並び替える

抽出したデータを orderBy で並び替えることもできます。

例えば、下記は ID が 1 より大きいデータを作成した日時で降順に並び替えます。

App\Test::where('id', '>', 1)->orderBy('created_at', 'desc')->get()->toArray();

結果は以下の通りです。

tinker

抽出したデータを制限する

例えば、下記の場合、現状 2件データが抽出されました。

App\Test::where('id', '>', 1)->get()->toArray();

取得するデータに制限をかけるには、take を使います。

App\Test::where('id', '>', 1)->take(1)->get()->toArray();

これで 1件だけデータが抽出されるはずです。

結果は以下の通りです。

tinker

最後に

いかがでしょうか。

他にも色々なことができるみたいなので、試しながら紹介していこうと思っています。

ちなみに tinker は、いじくりまわす という意味があります。

とにかく慣れていきます。