【Laravel講座】Bladeを使ったコーディング

Bladeを使ったコーディング

前回は、View と Blade について、軽く紹介しました。

【Laravel講座】ViewとBlade

2019.06.16

今回は、Blade を使って、実際にコーディングしていこうと思います。

それでは見ていきましょう。



Blade を使ったコーディング

それでは、実際に Blade を使って、簡単なページを作成したいと思います。

まずは、resouces\viewsフォルダ内に layouts というフォルダを試しに作ってみます。

次に、そのフォルダの中に base.blade.php というファイルを作成します。

Blade のテンプレートは、〇〇.blade.php という名前になります。

前回、紹介しましたが、Blade には継承という概念もあるので、このページを親ページとして作成します。

<!doctype html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>@yield('title')</title>
</head>
<body>
@yield('content')
</body>
</html>

続いて、子ページを作成します。

resouces\viewsフォルダの直下に top.blade.php ファイルを作成します。

ソースコードは以下の通りです。

@extends('layouts.base')
@section('title', 'TOPページ')
@section('content')
<h1>子ページ(TOPページ)</h1>
<p>親ページを参照して制作されています。</p>
@endsection

Blade の構文が色々書かれていると思いますが、まず @extends で親ページを継承しています。

続いて、@section ですが、2通りの書き方があります。

1つ目は下記のような書き方です。

@section('title', 'TOPページ')

この方法は、単純にテキストや数字をセクションに表示させるときに便利です。

2つ目は下記のような書き方です。

@section('content')
セクションの内容
@endsection

@section と @endsection に囲まれた部分が一つのセクションとして定義されます。

それでは、子ページが完成したら、実際にブラウザで表示させてみます。

これまでの復習になりますが、ルート情報を追加しましょう。

routesフォルダの web.php に以下の内容を追加します。

Route::get('top', function () {
    return view('top');
});

ブラウザに表示させるとこんな感じです。

Blade

ちゃんと親ページを継承して子ページが表示されていることがわかります。

@yield を配置した部分は、引数に対応するセクションが挿入されています。

最後に

いかがでしょうか。

前回も Blade の構文は紹介したのですが、サンプル的なものがなかったのでわかりにくいかと思い、復習もかねて簡単なページを作ってみました。

同じようなつくりのページを量産するときに Blade を使えば、効率的なコーディングができるので上手に活用していきましょう。