失敗しないタブレットの選び方

女性

※この記事は「2022年1月21日」に更新しました。

失敗しないタブレットの選び方について。

タブレットを購入した人の中には、以下のような経験をした方もいるのではないでしょうか?

  • パソコンの代わりにタブレットを購入して失敗した
  • 自分のやりたいことができなかった

実際、安いものだとネットで 1万円くらいから購入できます。

したがって、使用用途を理解していないと、安物買いの銭失いになることもあります。

私は、家電量販店でパソコンやタブレットを販売していた経験が 5年あります。

その為、どんなパソコンやタブレットが自分に最適か熟知しています。

失敗しないためにはコツがあるので、詳しく解説していきます。

ぱそた
SE、Web制作、販売を経験した管理人が解説します。

失敗しないタブレットの選び方

まずは、以下の点を順番に確認します。

  • タブレットでやりたいことが決まっているか?
  • どんな種類を購入するか?
  • 予算はどのくらいか?

解説していきます。

タブレットでやりたいことが決まっているか?

タブレットでやりたいことが決まっているか、確認しておきましょう。

特に以下のような方は、要注意です。

  • 仕事でパソコンの代わりにタブレットを使う
  • 動画編集がしたい
  • 画像編集がしたい

基本的にタブレットの性能は、パソコンに劣ると思ってください。

iPad Pro や Surface のような、ほぼパソコンと変わらないスペックのものもありますが、価格は跳ね上がります。

上記のような作業は、パソコンを使った方が効率が良いことがほとんどです。

どんな種類を購入するか?

ざっくり説明すると、タブレットは以下の種類に分類されます。

  • Android(アンドロイド)
  • iPad
  • Windows(Surface など)
  • Chromebook(クロームブック)

Android(アンドロイド)は、価格が 1万円くらいから購入できます。

低価格でありながら、やろうと思ったら色々なことができるのが良いところです。

ただ、パソコンのスペックに近いモデルはないので、良くも悪くもタブレットらしい性能です。

iPad は、Android に近いスペックのものから、動画編集やイラスト制作ができるプロ仕様のものまで存在します。

価格は、少々高めですが、ソフトからハードまで総合的に管理している Apple らしいタブレットです。

Windowsタブレット(Surface)などは、ビジネス向けです。

Chromebook(クロームブック)は、パソコンと Android(アンドロイド) の中間のような性能です。

予算はどのくらいか?

ざっくり分けると、予算毎に購入できるタブレットは以下の通りです。

  • 1~2万円:Android
  • 3~5万円:Android、iPad、Chromebook
  • 5万円以上:Android、iPad、Chromebook、Windows

タブレットに 5万円以上出せる方は、パソコンを購入することも可能なので、よく検討しましょう。

Amazon(アマゾン)なら、色々なタブレットがお得に購入できる

品揃え、優秀な配送システムで Amazon(アマゾン)に匹敵する ECサイトはなかなかありません。

Apple製品である、iPad も手軽に購入できます。

まずは、どんなタブレットがあるか、探してみましょう。

\ 豊富な品揃え、毎日お得なセール! /

最後に

いかがでしょうか。

今回は、失敗しないタブレットの選び方について、解説しました。

タブレットの性能は、パソコンに劣ると言いましたが、娯楽に関しては、タブレットの方が優秀です。

動画を視聴したり、ゲームをしたり、ちょっとした調べものをするくらいは簡単にできます。

パソコンとタブレット、上手く使い分けて、快適なインターネット生活をお過ごしください。