ファイル管理 File Explore Pro が便利すぎる

ネットワーク

今回はファイル管理のアプリを紹介します。

iPad や iPhone の場合。

ファイル管理が Windows のように手軽にできません。

純正品だと USBメモリ もありません。

写真をバックアップしたい場合は、基本的には iTunes や iCloud を使う必要があったりします。

私も昔は Android(アンドロイド)を使っていたのですが。

途中で iPhone の使い勝手があまりにも良いので乗り換えをしました。

そういえば、ファイル管理をどうしようかと悩んでいて。

色々なものを使ってみたんですが。

そのときに、今回紹介する File Explore Pro が使いやすかったので。

記事にしました。

それでは細かく見ていきましょう。



こんな方におすすめです

  • iPhone の写真データを NAS(もしくはパソコン)に手軽にバックアップしたい
  • iPhone で NAS(もしくはパソコン)の写真や動画を手軽に見たい
  • NAS(もしくはパソコン)の PDF を iPhone で見たい(容量が大きいと時間かかります)

最低限必要なもの

  • 無線LANルーター
  • File Explorer Pro がインストールされた iPhone もしくは iPad
  • アクセスするための NAS もしくはパソコン

自分のパソコンのIPアドレスを確認する

自分の例で申し訳ないのですが。

私のようにパソコンや外付けハードディスク(USB接続)にアクセスする場合。

NAS と同様 IPアドレス(外付けハードディスクなら接続しているパソコンの IPアドレス)が必要です。

ここでは念のため、自分のパソコンの IPアドレスを確認する方法を紹介します。

コマンドプロンプトを使う

Windows でネットワークといえば、コマンドプロンプトを使うのが基本です。

トラブル解決のときも役立つので。

是非、使ってみましょう。

まずは スタート → 検索 から cmd と入力すると コマンドプロンプト が出てきます。

コマンドプロンプトを起動させます。

ipconfig と入力すると下記のような画面になります。

コマンドプロンプト

ここで(ローカル)IPアドレス が確認できるわけです(IPv4アドレスのところ)。

あとはスマホからアクセスしたいフォルダをパソコンで「共有」できるようにしておきましょう。

余談ですが、IPアドレスは通常は ルーターが自動で割り当てる設定 になっています。

変動することがあることも覚えておきましょう。

このコマンドを覚えておけば簡単に確認できます。

File Explore Pro を使う

無料版の File Explore Free というのもあるのですが。

「読み込めるファイルの種類が少ない」のと「接続先が一つしか選べない」ので。

有料版の File Explore Pro をインストールすることをおすすめします。

価格も 600円なんで、私は速攻で買いました。

File Explorer

設定も簡単です。

+ ボタンを押して 接続先 を選びます。

NAS の場合は NAS を選びます。

入力するのは。

「表示名」「ホスト名/IPアドレス」「ユーザー名」「パスワード」くらいです。

「表示名」は自分がわかれば良いですし「ホスト名/IPアドレス」はアクセスしたい機器の IPアドレスを入力。

あとは「ユーザー名」と「パスワード」を入力して設定は終了です。

上手く接続できないときは…

  • Windows の場合、プライベートネットワークになってるか
  • セキュリティソフトを一度停止してみる
  • パスワードをかけているかどうか
  • フォルダの共有設定ができてるか(NASの場合、必要なし)

最後に

女性

いかがでしょうか。

アンドロイドはわりと自由度が高いんですが。

iPhone(iPad)は良い意味でセキュリティが強いんですが。

悪い意味だと、あまり内部ファイルを操作できないようになっているんですよね。

まあ、それは File Explore Pro を使っても同様ではあるのですが。

逆に パソコン や NAS に保存しておいたものを見たり、バックアップを取る場合は。

非常に便利なので、是非使ってみてください。

今、確認すると iOS9.0 以降の iPhone と iPad は対応してるみたいなので。