15.6インチ ノートパソコンがおすすめ、自宅でじっくり使える魅力

ノートパソコン

最近、持ち運びを前提としたモデルが増え、パソコンも多種多様になっています。

今回の記事では、ノートパソコンの王道中の王道である、15.6インチ ノートパソコンの魅力を語ります。

それではどうぞ。



15.6インチって何?

15.6インチとは、パソコンの液晶モニターの大きさのことです。

インチ数は画面の対角線の長さで決まります。

実は、昔は画面の比率が 4:3 が主流で縦長の画面でしたが、現在は 16:9 が主流なので横長(ワイド型)になっています。

自宅で使うのに丁度良いサイズ

外に毎回持ち運ぶとなるとなかなか大きいので厳しいですが。

自宅で使うには本当に丁度良いサイズです。

テンキーもついていますし、キーボードも大きいので、タイピングもしやすいのです。

それでいて持ち運びもしようと思えばできるというところがこのサイズの良いところですね。

コストパフォーマンスが高い

基本的にノートパソコンは大きいほど、価格がお手頃になります(これ以上大きいものは除きますが)。

なぜなら、15.6インチよりも小さくし、持ち運びを重視すると部品が小さくなったり、省電力のモノを使ったりするので。

価格が高くなりやすいのです。

パソコンは熱に弱いので当然密集すればするほど放熱性などの工夫も必要になるわけです。

つまり同じくらいの性能であれば、15.6インチよりも小さいサイズを買おうとすると高い場合がほとんどだと思ってください。

15.6インチの弱点

長時間バッテリーなしで使えない

これはあくまでウルトラブック(13.3インチ)などと比較してですが。

長時間、例えば、8時間くらいバッテリーなしで使うといったことはできないものがほとんどです。

その分、価格が安いとも言えるのですが。

外出先に持ち運ぶには厳しいサイズ

頻繁に外で作業するような方には厳しいサイズだと思います。

昔は当たり前のようにやっていましたが。

今となってはもっと軽くて持ち運びしやすい製品はたくさんあります。

重さも 2kgは超えるものがほとんどなので、行きは元気なので良いけど、帰りは持ち運ぶのがしんどいということも結構あります。

最後に

ノートパソコンの中では、このサイズが一番普及しているのですが。

このサイズを選ぶ、一番の理由は安いということだと思います。

あとは低価格パソコンの中には注意して選ばないと非常に使いにくいものもあります。

しかしこのサイズならハズレを引く可能性は極めて低いと思います。

ドスパラやマウスコンピューターなどで購入すれば、そこそこ良いものも買えてしまいます。

ドスパラで管理人がノートパソコンを買うなら【ランキング形式】

2018.06.22

マウスコンピューターで管理人がノートパソコン買うなら【ランキング形式】

2018.06.07

昔はデスクトップパソコンを買った方が安かったのですが。

最近はむしろノートパソコンの方が安く買える傾向にあります(モニターを別で買うことを考慮すると)。

もちろん安いものはモニターも安いものがついてますし、バッテリーも安いものがついてますが。

持ち運びもしたいけどお金をあまりかけたくない。

でも色々なことをやりたい。

そんな方に最適ですね。