【HTML講座】HTMLを学習する環境を整える

タイピング

HTML は、独学で勉強される方も多いかと思います。

私も SE から Web制作会社へ転職したときに独学で覚えました。

しかし、パソコンをあまり使ってこなかったという人はどういう風にやっていくものなのかというベースのようなものがあったほうが良いかと思います。

今回の記事から私なりに HTML に関してやってきたことをまとめていきますので。

現在、勉強中という方は参考にどうぞ。




ちなみに HTML ってよくわからんという方は、下記記事に概要が書いてあるのでご参照ください。

HTMLとCSS

2018.05.28

HTMLを学習するために必要なこと

HTMLを学習するのに必要なことは以下の通りです。

  • 高機能テキストエディタを導入する
  • ファイルの拡張子を表示させる設定にする

勉強をするだけならこれだけでできます。

それでは順番に見ていきましょう。

高機能テキストエディタを導入する

ローカル環境で学習するだけならインストール必須ではないのですが。

後々のことを考えると使うのでインストールしておきましょう。

私のときはサクラエディタや秀丸エディタや TeraPad が流行っていたのですが。

今は Atom というエディタが人気のようです。

最近、私も使い始めましたが、なかなか使い勝手は良いです。

Atom のインストールに関しては下記ページをご参照下さい。

Atomというテキストエディタを使ってみた

2018.09.13

ファイルの拡張子を表示させる設定にする

ファイルの拡張子というのは、そのファイルがどんなものかを示すものだと思ってください。

例えば .jpg であれば JPEGファイルで写真だということがわかりますし。

.doc であれば Wordファイルで Word(アプリケーション)を使って開くことができるということがわかります。

私は Windows を使っているので、Windows 10 のファイル拡張子を表示させる設定方法を紹介します。

エクスプローラーを開きます。

表示タブをクリックします。

ファイル名拡張子というチェックボックスがあるのでチェックを入れるだけです。

ファイルの拡張子を表示

簡単ですね。

ちなみになぜこの作業が必要かというと。

HTMLファイルを作成するには拡張子を .html として保存しなければいけないからです。

最後に

いかがでしょうか。

今回は HTMLを学習するための環境について紹介しました。

次回は HTMLの基本構造について紹介する予定です。

【HTML講座】HTMLの基本構造

2018.09.15

昔のことを思い出しながら、私が学習したときにはなかった HTML5 についても、この機会に学習していこうと思っています。