Pythonの開発環境を用意する

タイピング

前回の記事でも紹介した通り、Python(パイソン)は初心者にもやさしいプログラミング言語です。

Pythonで何ができる?

2019.03.07

Python を自分のパソコンでも勉強したい場合は開発環境を用意する必要があります。

開発環境と聞くと面倒に思うかもしれませんが、公式サイトからインストールすれば、基礎を学習するのに必要なものはそろっています。



Python をインストールする

まずは公式サイトから Python をインストールします。

Python公式サイト
https://www.python.org/

私の環境は、Windows 10(64bit)なので、Download から Windows をクリックします。

Windows x86-64 というのが、Windows(64bit)用なので、そこから選びます。

executable installer というのと web-based installer というのがあります。

Pythonインストール

結論から言うと、ネットに接続できるなら、どちらのインストーラーを使っても問題ありません。

executable installer
インターネットにアクセスできないパソコン用のインストーラー(ダウンロードしてからインストーラーをコピーする)
web-based installer
起動時に必要なファイルをダウンロードしながらインストールするためサイズが小さいインストーラー

インストーラーを起動すると下記のような画面が表示されます。

Pythonインストール

Add Python 〇〇 to PATH にチェックを入れるとインストールと同時に PATH を自動で追加してくれます。

あとは基本的には、Install Now をクリックするだけで問題ないはずです。

Python の動作確認

それでは、Python を動かしてみます。

コマンドプロンプト(もしくは、PowerShell)を起動します。

そして下記コマンドを実行しましょう。

python

すると Python インタプリタ が起動します。

試しに簡単なプログラムを試してみます。

print('Hello World!')

実行したときに。

Hello World!

と画面に出力されるはずです。

Python インタプリタ を終了させるには下記コマンドを実行します。

exit()

最後に

いかがでしょうか。

これで Python が使えるようになりました。

プログラミングは楽しいですね。

色々遊びながら勉強していきます。