エックスサーバーでWordPress簡単インストールを試してみた

女性

最近のレンタルサーバーだと、WordPress(ワードプレス)を簡単にインストールできるというのをアピールしているところが多いです。

それだけ WordPress は、ブロガーやホームページ制作者にとって一般的なツールとなってきているのです。

本来なら、PHP と MySQL を使った、高度なツールなのですが。

このような機能のおかげで面倒な勉強をしなくても簡単にインストールすることができるのです。

更にエックスサーバーは自動バックアップもあるので安心です。

今回は、エックスサーバー利用者がWordPressを利用開始するまでの手順を紹介していきます。

ちなみにエックスサーバーについては。

エックスサーバーの評判・レビュー

2018.06.20

をご参照下さい。



独自ドメインの取得をする

まずはドメインを扱っている業者で独自ドメインを取得します。

個人的に管理画面などがわかりやすいところだと、ムームードメインがおすすめです。

独自ドメインを取得する

2018.06.12

取得をして、ネームサーバーの設定もエックスサーバーのものに設定します。

もしキャンペーンでエックスサーバーを契約したときにドメインがプレゼントされている場合は。

インフォパネルの各種お申し込み プレゼントドメイン から好きなドメインを取得しておきましょう。

この場合、ネームサーバーの設定は不要です(エックスサーバーのものになっている)。

独自ドメインの設定をする

サーバーパネルから独自ドメインの設定をしましょう。

少々時間がかかります。

http://独自ドメイン名 を入力したときにエックスサーバーのサンプルの index.html が表示されたら設定完了です。

無料SSLを導入する

独自ドメインの設定完了が確認できたら、無料SSLも導入しておきます。

サーバーパネルにログインします。

左下の設定対象ドメインが先程設定した独自ドメインになっているか確認します。

続いて、SSL設定をクリックします。

あとは独自SSL設定の追加タブをクリックします。

WordPressをインストールする

エックスサーバーのWordPress簡単インストール機能を使います。

サーバーパネルにログインします。

左下の設定対象ドメインが先程設定した独自ドメインになっているか確認します。

その後、WordPress簡単インストールをクリックします。

WordPressのインストールタブをクリックします。

下記のような入力フォームが表示されるので入力していきます。

WordPress簡単インストール WordPress簡単インストール

インストールURLについてですが。

http://独自ドメイン名 で自分のWordPressサイトへアクセスさせたい場合は、上記のように独自ドメイン以降は空欄にします。

データベースは自分で作成して選ぶこともできますが。

今回は面倒なので自動でデータベースを生成するを選択しています。

最後にインストールをクリックします。

完了画面が表示されれば、インストール完了です。

念のため、メモ帳などで先程入力した情報と完了画面に表示されている ID や パスワード や管理画面のURLを残しておきましょう。

WordPressのURLをhttpsに変更する(常時SSL化)

WordPressの管理画面にログインします。

設定をクリックして、WordPressアドレス(URL)と サイトアドレス(URL)のhttpをhttpsに変更します。

httpでアクセスしたときにhttpsに自動的に飛ぶようにする(常時SSL化)

このままだと http でもアクセスできるので。

リダイレクト処理と言って、http でアクセスしたときに https に自動的に飛ばすような処理を設定します。

サーバーパネルにログインします。

左下の設定対象ドメインが先程設定した独自ドメインになっているか確認します。

.htaccess編集 をクリックします。

.htaccess編集タブをクリックして、以下の記述を追加します。

# 常時SSL化
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

http でアクセスしたときに https に飛んでいれば成功です。

最後に

女性

いかがでしょうか?

WordPress簡単インストールを使えば、インストールが本当に簡単だということがわかっていただけたかと思います。

ただ最近だと常時SSLが当たり前になってしまい、SEO的にこれをやっておかないと不利になるので。

その分の作業がひと手間かかりました。

しかし、この常時SSL化は後になればなるほど面倒なので、最初の段階でしっかりやっておきましょう。