Bandicamをダウンロードして使ってみた

ゲーム実況

今回の記事は、Bandicam(バンディカム)について。



最近、ダウンロードして実際に使ってみたので紹介します。

Bandicam とは

Bandicam は、パソコンのデスクトップ動画やゲームプレイ動画などを記録できるソフトです。

国内でも人気があり、軽くて、高画質、ファイルの容量も小さいという非常に便利なキャプチャーソフトです。

ベクターでも高評価を獲得しています。

Bandicam

パソコンに入力端子があれば、スマホやタブレットの映像を録画することもできます。

対応OS は、Windows です。

無料版と製品版があるので、まず無料版をダウンロードして、気に入ったら製品版を購入すると良いでしょう。

無料版と製品版の違い

無料版には以下のような制限があります。

  • キャプチャー時間が最大10分に制限されている。
  • 記録した動画に Bandicam のロゴ(ウォーターマーク)が入る。
  • 録画終了後、新たに開始する機能が使えない

あとは製品版と同じように使うことができます。

私は製品版を購入しました

私は製品版を購入しました。

理由は無料版をダウンロードして、実際使ってみて、非常にわかりやすかったからです。

動画の知識のない管理人でも簡単に扱うことができました。

デスクトップ画面の動画キャプチャーを Core i3(第5世代)、メモリ 8GB、SSD 搭載のノートパソコンで試しましたが、問題なく使えました。

軽くて、高画質というのは評判通りです。

価格も 1ライセンスで 4,320円とそれほど高価なソフトではありません。

迷う理由は特にありませんでした。

そうは言っても、無料版でも問題ないという方もいるとは思うので、まずは試してみると良いかと思います。

Bandicam をダウンロードする方法

まずは下記の公式サイトへアクセスします。

Bandicam

次にメニューバーにある、ダウンロードをクリックします。

Bandicam ダウンロード(無料版)というバナーをクリックして、ダウンロードします。

ダウンロードしたファイル(bdcamsetup.exe)を実行します。

あとは画面の指示に従って、インストールしていきます。

Bandicam の製品版を導入する方法

下記の公式サイトへアクセスします。

Bandicam

次にメニューバーにある、購入するをクリックします。

必要なライセンスの購入するバナーをクリックします。

メールアドレスの入力、支払方法の選択などを行い、必要なライセンスキーを購入します。

入力したメールアドレスにライセンスキーの情報が届きます。

メールを保管するなり、テキストとして保存するなりしておきましょう。

次に Bandicam を起動します(デスクトップにできたショートカットをダブルクリック)。

Bandicam の右上の鍵マークのアイコンをクリックします(フォルダのマークの左辺り)。

Bandicam

購入前に画面をキャプチャーしておけば良かったんですが、もうすでにライセンス認証しているので上の画面では鍵マークが表示されていません。

無料版を使っている場合は表示されているはずです。

Bandicam ユーザー認証 ダイアログが表示されるので、登録したメールアドレスとメールで届いたライセンスキーを入力します。

あとは今すぐ認証するをクリックするだけです。

最後に

いかがでしょうか。

非常に扱いやすいソフトなので、パソコンが苦手だという方でも問題なく使えるのではないかと思います。

Windows ユーザーには、おすすめのキャプチャーソフトです。