ショートカットキーを覚えてみよう【Windows】

初心者

ショートカットキー というのをご存知でしょうか。

パソコンを使うのに慣れていない方だと。

マウス操作が多いのですが。

ショートカットキー を覚えると。

キーボード操作が多くなり。

作業効率がアップします。

女子
そうですよね。私も会社の上司に教えてもらいました。

今回は Windows 10 で良く使える ショートカットキー を紹介しますので。

使っていないという方は参考にしていただけたらと思います。



基本的なショートカット

Ctrl + C → コピー

Ctrl + X → 切り取り

Ctrl + V → 貼り付け

Ctrl + A → 全て選択

Ctrl + S → 保存(アプリケーションによる)

Ctrl + Z → 元に戻す

F2 → ファイル名変更

個人的に使っている便利なショートカット

Alt + Tab → 開いているアプリケーションの切り替え

Ctrl + W → 今開いているものを閉じる(エクスプローラなど)

Alt + F4 → (デスクトップで)シャットダウン

Windowsキー + D → デスクトップアクティブ

Windowsキー + E → エクスプローラ起動

Windowsキー + X → クイックリンク(※)

Windowsキー + R → ファイル名を指定して実行

※ クイックリンク は コンピュータの管理 や デバイスマネージャー へのアクセスに使える

よく使うソフトは特に使った方が良い

当然、ソフトによって、ショートカットキーは異なります。

ただ、人間が使いやすいように開発しているのである程度「共通」だったり。

覚えやすかったりする場合が多いです。

ブラウザ(インターネットを見るソフト)や 高機能エディタ(サクラエディタなど)。

あと Excel(表計算ソフト)なんかは。

ショートカットキー を良く使う場面が多いのではないでしょうか。

ブラウザ(Microsoft Edge)だと有名なのが F5 の更新。

あと Ctrl + F の 検索 も使えますね。

慣れたら確実にスピードアップするので。

色々試してみると良いと思います。

女子
タッチタイピングもいっしょに練習すると作業効率上がりますよね。

タッチタイピング(ブラインドタッチ)を習得する

2018.05.26

その通りです。

タッチタイピングも必要なスキルですよね。