【徹底比較】Mac OS vs Windows

男の子

※この記事は「2019年8月26日」に更新しました。

パソコンとタブレットを使いこなせ のブログも開設してから、1年経過しました。

そういえば、Mac OS と Windows を比較したような記事をあまり書いてこなかったということに気付いたので。

今回は、このテーマで書いていきます。

Mac OS vs Windows

私がパソコンの販売をしていた頃(約1年前)でも。

「Mac と Windows どちらを買えば良いか迷っている」

という方は結構いました。

もちろん「絶対、Windows」という方、あるいは「Mac しか考えられない」という方もいるのですが、あまりパソコンを使わない人にとっては、決定的な判断材料がないわけです。

個人的な意見で結論から言わせてもらうと、こだわりがなければ、どちらを買っても問題ないです。

最近は、Windows でなければできない作業というのも少ないですし、Mac も昔よりは買いやすくなっています。

ただ、これだけで終わってしまうとあまりにも味気ないので、それぞれの特徴を紹介して、徹底的に比較していきたいと思います。

Mac OS について

Mac OS は、Apple社が開発した OS(基本ソフト)です。

Mac は、ハードウェアからソフトウェアまで統括して管理して開発されています。

Windows の場合、パソコンに不具合があったとき、メーカーごとに対応方法が違ったり、連絡が面倒だったりするのですが、Mac の連絡先は、Apple だけです。

更に Apple Care に加入すれば、基本的な操作のサポートも電話で教えてくれたりします。

ネットで調べる場合、古い記事で自分の OS では使えないといったこともありますが、Apple に直接電話すれば、プロが正しい情報を教えてくれるので安心です。

加入しない場合でも 90日間はサポートがついているのですが、その後は自分で調べる必要が出てくるので、この違いは大きい。

保証に関しても 1年から3年に延長され、本体以外の部品(電源アダプターやバッテリーなど)も保証対象になります。

この本体以外の部品が保証対象になる点は通常の保証では考えられないくらい凄いことです(バッテリーは2回まで)。

ただ、金額もそれなりにして、2万円以上追加で支払う必要があるので、あまり使わないという方は正直迷うところでもあります。

ヘビーユーザーは間違いなく加入した方が安心です。

Mac は、昔からユーザーインターフェースが優れていると個人的に思っています。

私が仕事で Mac を使っていたのが、Windows Vista が出たころで、当時、Aqua という GUI は、Windows ユーザーの私にとっては新鮮で動きも非常に滑らかであったことを覚えています。

クリエイターの方にも人気があり、Mac が好きな人は信者のように Mac を使い続ける、そんな魅力的な OS です。

Windows について

Windows は、マイクロソフト社が開発した OS(基本ソフト)です。

Mac も素晴らしいのですが、個人的には、Windows を使い続けていて、シェアもまだまだこちらの方が上です。

Windows の最大の魅力はとにかく高スペックのものが低価格で手に入るところだと思っています。

Mac は、Apple だけが販売元ですが、Windows は、NEC でも買えますし、BTO パソコンを販売しているところでも買うことができます。

特に BTO パソコンは、ネットで購入する方にとっては非常にありがたい存在で、私も良くお世話になっています。

私のように外観やディテールにこだわりがない人にとっては、店舗で買うメリットよりも少しでも安く手軽に買いたいというのが本音でしょう。

そういった方にとって、Windows は魅力的な存在だと思います。

ただ、サポートがメーカーごとに異なっていたり、価格もピンからキリまであるので、非常にバランスの悪い商品が売られていることもあります。

そこは経験と知識で適切な商品を買うようにしましょう。

マウスコンピューターのBTOパソコン

パソコンを購入する場合、どこがおすすめ?

パソコンを購入する場合、どこがおすすめかということですが。

Mac であれば、店舗に実際見に行って買うという選択もありです。

実際、操作してみると細かいディテールやユーザーインターフェースがつくりこまれているので、体感してみるのも良いかと思います。

あと Mac は基本的に値引きできないはずなので、ネットで買っても、店舗で買っても、それほど大きな価格差にならないはずです。

Windows に関しては、ネットで買うことをおすすめします。

理由は店舗で買うメリットが非常に少ないからです。

どちらかというと見えない部分(CPU、メモリ、グラフィックボードなど)にこだわる方も多いので、ネットで安く買ってしまった方がお得です。

私も最近パソコンを購入する機会があって、(パソコンの)販売の仕事から離れてしまったので、実店舗でどんな感じか、何店舗か見に行ったのですが。

結局、何も買わずにネットで買うことになりました。

マウスで m-Book K690BN-S2 を購入しました

2019.07.21

BTO パソコンをずっと買い続けているので、関連リンクを張っておきます。

下記記事は、管理人がもし BTO パソコンを買うならということでランキング形式に発表しています。

マウスコンピューターで管理人がノートパソコン買うなら【ランキング形式】

2018.06.07

ドスパラで管理人がノートパソコンを買うなら【ランキング形式】

2018.06.22

興味のある方は参考にどうぞ。

最後に

いかがでしょうか。

結論を言うと、金銭的に余裕のある人は Mac を買えば良いと思います。

実際、初心者にもやさしく、非常にバランスの優れた製品です。

Windows は、高スペックを求める人あるいはこだわりがあまりない人におすすめです。

学生で Windows を買ったとして、仕事では Mac を使うことになったということになっても、そのときに覚えれば問題ありません。

環境が変わって、勉強しなければいけないということは仕事ではよくあることです。

もちろん、逆パターンもあるでしょう。

つまり、どちらを買っても問題ないのです。

【ドスパラ】最短当日出荷!カスタマイズしても2日で出荷!