ホームページの仕組み

ホームページ

私たちは何気なくホームページを見ていますが。

実際、どのような仕組みで見れているかご存知でしょうか。

今回の記事は、そのホームページの仕組みを紹介していきます。

WWWサーバーについて

イラスト

WWW(World Wide Web)は世界中とつながっているネットワークのことです。

ホームページは、この WWWサーバー(Webサーバー)に蓄積されているデータをダウンロードして閲覧しているのです。

WWWサーバーは世界中にあり、ネットワークでつながっています。

レンタルサーバーや自社サーバーなどがありますが。

ホームページ制作をする場合はレンタルサーバーを借りて運用する方が多いです。

ちなみに上の図でアップロードとダウンロードと書いてあると思うのですが。

これはイメージで言えば、電車の首都を中心とした考え方で上りや下りという言い方があるのですが。

それと同じ考え方です。

ドメインについて

ドメインというのはインターネット上の住所のようなものです。

例えば、当サイトなら。

use-computer.net

という部分がドメインになります。

世界中で一つしかなく、重複しないようになっています。

ちなみに https は SSL で暗号化された通信で http(Hypertext Transfer Protocol)の通信をより安全に行うための通信規約です。

ブラウザについて

ブラウザとはホームページを見るためのソフトのことです。

Internet Explorer や Microsoft Edge、Safari なんかがそうです。

URL を指定することで好きなページを見ることができます。

検索エンジンを使って、キーワード検索することもできるわけです。

このブラウザのおかげで、私たちはホームページを見ることができるのです。

最後に

ネットワーク

インターネットは世界中と繋がっています。

技術革新のおかげで私たちは簡単にインターネットを使って情報を発信できるようになりました。

非常に可能性のある分野なので、ホームページの仕組みを理解してインターネットを楽しみましょう。

パソコンを利用する、ユーザーとしては、この程度の知識で問題ありませんが。

もし、ホームページ制作をするとなれば、HTML や CSS といった知識が必要になります。

HTMLとCSS

2018.05.28

アフィリエイトやブログをこれからやっていきたいという人も習得しておくと何かと役立ちます。