Windows 10 のプリンター設定について、つながらないをなくすために【USB接続】

設定

今回の記事は Windows 10 のプリンター設定についてです。

パソコンでプリンターを使う場合、接続方法は Wi-Fi か USB接続 がほとんどです。

今回は USB接続 です。

それでは細かく見ていきましょう。

基本的に接続するだけで使えるようになる

Windows 10 は、ほとんどのプリンターをサポートしています。

そのため、ほとんどの場合はプリンターの特別なソフトウェアをインストールする必要がありません。

余分なソフトもいらないし、とりあえず印刷できるように標準ドライバーでポート設定だけやってくれれば良い。

そんな方はこの方法が一番簡単です。



プリンタードライバーを手動でインストールする基本的な方法(Windows 10)

ただ接続しても設定ができていない場合は、以下の手順で設定するのが基本になります。

まずは スタート(Windows マーク)をクリックします。

設定 → デバイス → プリンターとスキャナー へ移動します。

設定

+(プラスマーク)をクリックします。

プリンターの追加

しばらくしても出てこない場合は プリンターが一覧にない場合 をクリックします。

プリンターの追加画面が表示されます。

ローカルプリンターまたはネットワークプリンターを手動設定で追加する にチェックし 次へ をクリック。

プリンターの追加

既存のポートを使用 にチェックし 次へ をクリック

プリンターの追加

プリンタードライバーのインストールが表示されるので、メーカーとモデル名を選択(※)し 次へ をクリックします。

※もし、ここで目的のプリンターがない場合は Windows Update や ディスク使用 をクリックします。

あとはプリンター名を入力して、プリンター共有画面で このプリンターを共有しない にチェックを入れ、画面の指示に従っていけば設定が終了します。

テストぺージの印刷で実際設定されているかどうか確認ができるので、印刷してみると良いでしょう。

手動で設定するのが不安な方は

この方法が一番確実なんですが。

プリンターの説明書(マニュアル)を見て、手順通り設定する方法です。

必要なソフトウェアのディスクが付属している場合が多いので。

大抵の場合、ディスクに従って、ドライバーをインストールするものが多いです。

メーカーの方は、私たちユーザーが使いやすいような工夫をしてくれています。

説明書(マニュアル)もほとんどのものがわかりやすいでしょう。

ただし、ソフトウェアがたくさん導入されているものがほとんどなので、不要なものまでインストールしてしまう場合が多いです。

最後に

いかがでしょうか。

今回、私が言いたかったことは。

  • Windows 10 でプリンターを使う場合、USB接続なら基本的に接続するだけでドライバーとポートの設定を行ってくれる
  • パソコンでプリンターを使えるようにするには、ドライバーとポートの設定を行う必要がある
  • プリンターに付属しているディスクを使って、手順通りにすれば簡単

ということです。

ポート設定は、ネットワークに関しても同様です。

ただしネットワークの場合、通常はローカルIPアドレスは自動取得が多い(ローカルIPアドレスが変わる可能性がある)ので。

手動で設定するメリットはほとんどありません。

方法も色々あるので少々ややこしいです。

ぱそた
そういえば以前、事務所のネットワーク複合機が固定IPアドレスになってなくて、手動で Standard TCP/IP でポート設定されていたときに度々接続できなくなることがありましたね。

それに関しては。

Windows 10 のプリンター設定について、つながらないをなくすために【ネットワーク接続】

2018.07.19

が参考になると思います。

ネットワーク接続の場合、セットアップ用ソフトウェアを使った方が楽な場合が多いです。