2017年発売の家庭用プリンターを振り返って

女性

今回、なぜこのような記事を書こうと思ったかというと。

今までの傾向で言えば、そろそろ 2018年発売モデルがリリースされる可能性が高いからです。

デジカメのような家電製品はモデルチェンジの時期を読むのは難しいのですが。

家庭用プリンターは年賀状シーズンの前にリリースされる場合がほとんどなので。

価格で言うと、今の時期は底値に近い状況となっています。

詳しくは下記記事をご参照ください(一番下に今年の5月30日時点にリンクを貼った EP-880A の Amazon での価格があるのでよく覚えておいてください)。

プリンターを安く買う方法

2018.05.28

特に上位モデルが狙い目なので、順番に紹介していきます。

エプソン EP-880A

エプソンの人気モデルです。

メイン給紙が収納タイプになっているという点とサイズが小さいことから。

設置スペースをつくりやすいというのが良いところです。

染料6色タイプで写真も文書も綺麗です。

エプソン プリンター インクジェット複合機 カラリオ EP-880AB ブラック(黒)

新品価格
¥15,546から
(2018/8/30 03:53時点)

キャノン TS8130

キャノンの人気モデルです。

よく EP-880A と比較されるのですが。

写真や文書の質はほとんどいっしょくらいと思ってもらって良いと思います(あくまで私が見た感じですが)。

インクは顔料黒1色と染料5色のハイブリッド6色(キャノンは昔からこのパターン)。

サイズに関してはエプソンよりも少し大きいですが、昔のキャノンと比べるとかなり小さくはなってます。

以前のキャノン(MGシリーズ)は幅が大きくて、人によったら大きいということでエプソンを選ぶ人も多かったです。

この点に関しては TSシリーズで改善されたと言えます。

インク代はカタログ数値ではキャノンの方が安いのですが。

正直そこまで変わらないのではないかと思います。

インク代も多少ですが、値上がりすることもありますし。

一番の違いは背面給紙(手差し)が複数枚印刷可能なところです。

この TS8130 を選ぶ利点はここだとおもいます。

しかし、以前のタイプのように収納部分が二段ではなく一段で普通紙(A4など)のみです。

写真やハガキは背面給紙で行う必要があります。

ここの部分は好みの問題なので、自分にとって良い方を選んでもらうと良いかと思います。

キヤノン インクジェット複合機TS8130 BLACK PIXUSTS8130BK

新品価格
¥15,600から
(2018/8/30 03:50時点)

ブラザー DCP-J973N

ブラザーはもともと価格が安いので。

エプソンやキャノンの家庭用上位モデルと比べると値引き具合は少なく感じるかもしれませんが。

それでも安くなっています。

ブラザーの家庭用プリンターは基本的にインクは全て4色です。

写真や年賀状などの質がキャノンとエプソンと比べるとどうしても落ちるので。

その点をどう考えるかですね。

しかし価格は一番安いです。

brother A4インクジェット複合機 DCP-J973N-B (12ipm/両面印刷/有線・無線LAN/ADF/手差し/レーベル印刷)

新品価格
¥10,950から
(2018/8/30 03:51時点)

最後に

女性

いかがでしょうか。

この記事の最初に今年の5月30日時点の EP-880A の価格を覚えておいてくださいと言ったのですが。

たった3ヶ月でも価格がこの程度落ちるものなのです(去年はもっと高かった)。

なぜかブラック(黒)は少し前よりも値上がりしていたので(数が少ないのかな)、ホワイト(白)のリンクを最後に貼りました。

生産終了になったり、商品がなくなってくると逆に価格が上がるので(ネットの場合は特に)。

もうそろそろ買い時です。

新モデルでなければというこだわりがなく、そろそろ自宅のプリンターが寿命だという方は。

今のうちに検討して購入することをおすすめします。

エプソン プリンター インクジェット複合機 カラリオ EP-880AW ホワイト(白)

新品価格
¥13,854から
(2018/8/30 03:54時点)