【2019年度】WiMAXおすすめプロバイダを選んでみた

ビジネスマン

※この記事は「2019年9月22日」に更新しました。

今回の記事は、WiMAX(ワイマックス)について。

最近、プログラミングの記事ばかり書いていたので、久しぶりにネット回線の話をしたいと思います。

私は、家電販売(パソコンなど)を 5年程経験しており、そのときに WiMAX の契約も実際にやっていたので、料金の仕組みは理解しています。

少しでも検討している方のお役に立てれば幸いです。

WiMAXおすすめプロバイダを選んでみた

当サイトでおすすめのプロバイダ(MVNO)をいくつか紹介してきました。

色々と変化があったところもありました。

現時点で総合的に見て、ここはおすすめというところを選んでいきます。

ちなみに検討されている方は、必ず利用するところのエリア判定をして、事前に調べておきましょう。

ネットで簡単に確認できます(あくまで目安です)。

詳しくは後で紹介します。

BroadWiMAX(ブロードワイマックス)




BroadWiMAX(ブロードワイマックス)は個人的にはおすすめのプロバイダです。

理由は単純に月額料金がかなり安くなるからです。

あと、WiMAX が気に入らなければ、株式会社LinkLife(リンクライフ)が紹介するネット回線へ違約金なしで乗り換えすることが可能です(いつでも解約サポート)。

ここが最大の魅力でモバイル回線を一度も使ったことがないという初心者にとってかなりありがたい存在だと思います。

BroadWiMAXの評判・レビュー

2018.06.21

GMOとくとくBB WiMAX




インターネット回線と言えば、キャッシュバックという方におすすめのプロバイダです。

この点を考えれば、かなりお得に WiMAX を契約することができます。

ただし、キャッシュバックを確実に受け取れるように事前に調べておきましょう。

GMOとくとくBB WiMAXの評判・レビュー

2018.08.01

UQ WiMAX




公式 WiMAX です。

ここを選ぶメリットはオプションだと思っています。

例えば、モバイルルータに保険をかけたり、グローバルIPアドレスのオプションを付けたりする場合は他社より良いかと思います。

特にサポート面が優れているので、費用をあまり気にしない方にはおすすめです。

UQ WiMAXの評判・レビュー

2018.08.19

最後に

いかがでしょうか。

一人暮らしの方や引っ越しの多い方にとって、WiMAX はかなりありがたい存在です。

工事不要ですぐ使えます。

契約自体も仕組みがわかると非常にシンプルなので、管理もしやすいです。

デメリットをあげるとすれば、スピードくらいです。

しかし、スピードも私が学生の頃と比較するとかなり速くなっているので、オンラインゲームを頻繁にするような方でなければ、特に問題ないでしょう。

そうはいっても、モバイル回線なので、ごくまれに使えないという地域もあるので、必ずエリア判定だけはしておきましょう。

下記記事が参考になります。

WiMAXのエリア判定

2018.07.26