マウスコンピューターで管理人がノートパソコン買うなら【ランキング形式】

ランキング

※この記事は「2019年7月2日」に更新しました。

※ m-Book B508S-M2S2 を追加しました(限定台数3,500台)。
※【第3位】の Kシリーズ が日経トレンディネットで紹介されました。

BTOパソコンメーカーのマウスコンピューター。



管理人も何度かお世話になっています。

今回は、私がマウスコンピューターでノートパソコンを買うとしたら何を買うかをランキング形式にしました。

自分がお客様だったらというのは販売をやっていた頃によく考えていましたね。

今回はゲームパソコンではなく、仕事や家庭で使うようなノートパソコンの中から選びます。

【第1位】m-Book B508S-M2S2(限定台数3,500台)

15.6インチのノートパソコンです。

OS は Windows 10 Home 64ビット。

光学ドライブはありません。

CPU はインテル第8世代の Core i7 です(4コア)。

メモリ は 8GB。

SSD は 256GB です(インターフェース規格は高速転送可能な M.2 SSD)。

更にこのモデルはカスタマイズで NVMe SSD へ変更が可能です。

映像出力端子は HDMI と Mini DisplayPort があります。

あと USB の Type-C の端子もあります。

従来の Type-A もあるので安心してください。

申し分ない性能です。

価格は 94,800円(税別)です。

もちろん Office なしの価格ですが。

カスタマイズで付けることもできるので、そこはお好みで。

詳細は。

【マウスコンピューター公式サイト】ノートパソコン

のスタンダードクラスの B508(15.6型)をご参照下さい。

【第2位】 m-Book J350SN-S2

13.3インチのノートパソコンです。

持ち運びも考えているという方にはちょうど良い大きさだと思います。

OS は Windows 10 Home 64ビット。

光学ドライブ はありません。

CPU はインテル第8世代(4コア)の Core i5 です。

メモリ は 8GB。

SSD は 240GB です。

映像出力端子は HDMI(デジタル)と D-sub(アナログ)どちらもあります。

無線も Wi-Fi(11ac)と Bluetooth(Ver4.2)どちらもあります。

重量も約1.5kgで、まあまあ軽いです。

もちろん NEC なら、もっと軽いパソコンはありますが、このパソコンはこれだけの性能で 94,800円(税別)です。

やはり安い。

また、こちらのモデルの SIMロックフリーLTE(4G)通信モジュール搭載バージョン、m-Book J350SN-S2-LTE は ASCII.jp や マイナビニュース などで紹介されていました。

見積もりのページでカスタムとしてモバイルネットワークを LTE通信モジュール(内蔵)を選ぶことで SIMカードを使えるようになるみたいです。

外出先ですぐにインターネットを使いたいという方にはおすすめです。

2018年5月の記事で当時11万円代は安いということでコスパノートPCとして紹介されていました。

もちろん Office は有料オプションでつけることができます。

詳細は。

【マウスコンピューター公式サイト】ノートパソコン

のモバイルクラスの Jシリーズ(1,920×1,080)の m-Book J350SN-S2 をご参照下さい。

【第3位】m-Book K690SN-M2S5

15.6インチのノートパソコンです。

OS は Windows 10 Home 64ビット。

光学ドライブはありません。

CPU はインテル第8世代(6コア)の Core i7 です。

このモデルはゲーム用ではありませんが。

グラフィックボードにもこだわっています。

GeForce MX150 が搭載されているので。

動画の編集もゲームもサクサクできます。

メモリは 8GB。

SSD は 512GB です。

インターフェース規格が M.2 なので、データ転送速度が速いタイプの SSD です。

映像出力端子は HDMI(デジタル)と D-sub(アナログ)どちらもあります。

あと USB の Type-C の端子もあります。

従来の Type-A もあるので安心してください。

無線も Wi-Fi(11ac)と Bluetooth(Ver5)どちらもあります。

これで 109,800円(税別)です。

もちろん Office なしですよ(しつこいですがカスタマイズで追加できます)。

詳細は。

【マウスコンピューター公式サイト】ノートパソコン

のハイエンドクラスの Kシリーズ の m-Book K690SN-M2S5 をご参照下さい。

ツイッターの反応

参考にどうぞ。

マウスコンピュータに関するネガティブな意見

こういう意見も記事にしておいた方が参考になるかと思ったので、ネットで調査してまとめました。

マウスコンピュータって不良品が多い?

不良品というものは残念ながら、なくなりません。

工業製品なので、運が悪いと引きあたる可能性は少ないながらもあります。

しかし、これは NEC でも 富士通 でも 東芝 でも同様です。

そのためにメーカー保証があるのです。

マウスコンピュータだから不良品が多いということはおそらくないと思います。

私も何度か使っていますが。

不良品に引きあたったことはありません。

ただ最近で言うと昔よりもシステムが複雑なので。

そういう意味では体感的にどのメーカーも多く感じるのかもしれません。

サポートの対応が悪い?

どのメーカーと比較しているのかというところですが。

個人的にBTOメーカーとしては、サポートの対応が悪いとは思いません。

私は以前仕事でパソコンの販売をしていたのでわかるのですが。

メーカー名は挙げませんが、サポートに関してはもっといい加減なメーカーというのは結構あります。

サポートを求めるなら、お金をかけて Apple製品を買って、2万円近くの AppleCare に入っておきましょう。

最後に

ノートパソコン

いかがでしょうか。

公式サイトを色々見ていきましたが。

やはり、マウスコンピューターは安いですね。

最近だと動画編集する人も増えて扱うデータが昔よりも大きくなってきています。

やはり動画となると音声もあり写真データの連続になるわけですから。

データ量が大きくなるわけです。

もちろん昔のパソコンよりも今のパソコンの方がはるかに進化しているのですが。

それなりのものを買っておかないとやはり後悔することになります。

家電量販店だとなかなかこの手のモデルは売ってなくて。

安いモデルを買おうとするとやはり Celeron が多いですね。

もちろん昔の Celeron よりは速くなってますが。

今回紹介したモデルを買っておけば、ほとんどの場面で困ることはないと思います。

ちなみにデスクトップのランキング記事も書いてます。

マウスコンピューターで管理人がデスクトップパソコン買うなら【ランキング形式】

2018.06.08

今現在、私が買うならということで。

1位~3位までランキングにしましたが、マウスコンピューターのパソコンは他にも良いものがたくさんあります。

詳しくは公式サイトをご参照ください。