【MTGアリーナ日記】キーワード能力を覚える

キーワード能力を覚える

MTGアリーナ日記、第2回目です。

前回は、登録からチュートリアルまで紹介しました。

【MTGアリーナ日記】登録からチュートリアルまで

2019.09.14

今回は、キーワード能力について紹介していきたいと思います。



キーワード能力を覚える

キーワード能力を覚える
まだ、MTGアリーナをプレイして間もないわけですが(Bot戦しかしてません)。

キーワード能力を覚えた方が良いと思ったので、自分の覚え書きとして残していきます。

マジック:ザ・ギャザリングは、カードのテキストに効果が書いてあるのですが、キーワード能力はその単語が書いてあるだけでルール上意味を持っています。

飛行とか到達とか警戒とか。

こんな感じでキーワードだけ当たり前のように書いてあり、説明がない場合もあるので、Bot戦で練習しながら、色々覚えていきたいと思います。

代表的なキーワード能力を紹介していきます。

飛行
飛行を持つクリーチャーは、飛行も到達も持たないクリーチャーにはブロックされない。
到達
飛行を持つクリーチャーもブロックできます。
先制攻撃
相手クリーチャーよりも戦闘でのダメージを先に与えることができます。通常の戦闘の場合、相手のパワーが自分のタフネス以上だと自分のクリーチャーは倒されてしまいます。しかし、先制攻撃を持っていれば、自分のパワーが相手のタフネス以上なら先にダメージを与えて一方的に倒すことができます。
速攻
クリーチャーを戦場に出したターンからでも攻撃やタップ能力を使うことができます。通常は、召喚酔いと言って、召喚してすぐに攻撃(タップ)することはできない。
警戒
クリーチャーが攻撃に参加してもタップしない能力です。通常は、攻撃に参加したクリーチャーはタップされ、相手のターンでブロックに参加できません。
到達
飛行を持つクリーチャーもブロックできます。
トランプル
クリーチャーを倒した後でもプレイヤーにダメージが通る能力。例えば、パワー 10 / タフネス 10 のトランプルを持ったクリーチャーで攻撃したとします。相手はブロッカーとして パワー 1 / タフネス 1 のクリーチャーを選びました。トランプルがなければ、ブロッカーが破壊されるだけなんですが、トランプルがある場合、自分のパワーから相手のタフネスを差し引いた分のダメージを相手プレイヤーに与えることができます。つまり、この場合、ブロッカーを破壊しつつ、9点のダメージを相手プレイヤーに与えることができるわけです。
接死
クリーチャーに 1点でもダメージを与えれば、破壊できる能力。
呪禁(じゅごん)
呪禁(じゅごん)を持つクリーチャーは相手のコントロールする呪文や能力の対象にならない。
絆魂(はんこん)
クリーチャーがダメージを与えると与えたダメージ分、ライフが回復する能力。
二段攻撃
クリーチャーが戦闘ダメージを 2回与えることができる能力。タイミングは、先制攻撃、通常攻撃の 2回。

初歩的なものだけですが、他にも色々あるみたいです。

とにかく遊んで覚えた方が良さそうですね。

キーワード能力にも歴史がある

MTG は、歴史のあるカードゲームです。

当然、キーワード能力も最初の頃と比べると変化しています。

しかしながら、キーワード能力の中には、毎セットに渡って継続的に採用され、定着されているものもあります。

今回紹介したものも初心者が覚えるべき、比較的定着したものです。

ちなみにこのようなものを常盤木と呼ぶみたいです。

最後に

いかがでしょうか。

本日、管理人が学習した内容のまとめです。

  • キーワード能力は覚えたほうが良い。
  • 常盤木と呼ばれる毎セットに渡って継続的に採用されているものは特に覚えたほうが良い。
  • そうは言っても、初心者はほどほどで良いような気がします。

以上です。

とにかく、プレイしながら覚えていきます。