4Kのメリット

モニター

テレビだと 40インチ くらいのものでないと 4K ってありませんが。

PCモニターだともう少し小さいものからでも。

4K があります。

あどみん
小さいのに細かい画素って必要なんですか?

今から説明していきましょう。

PCモニターとテレビの違い

まずテレビですが。

「1メートル以上は離れて見ること」が多いんですが。

パソコンのモニターの場合。

かなり「近い距離で見ること」になります。

ドットが粗いと目が疲れやすくなるので。

PCモニターは 27インチとかでも 4K があります。

あどみん
なるほど。納得しました。

そもそも 4K とは

4K は 4,000 という意味で。

K は 1,000倍です。

長辺(横)の部分の解像度が 4,000 に近いので 4K と言われています。

ちなみに フルHD は 2K です。

一般的に解像度は フルHD が 1920×1080 になり 4K が 3840×2160 となります。

設定で画面を広く使える

高い解像度ということは。

パソコンの場合、それだけ画面を広く使えるということです。

特に最近のパソコンは 4K 出力に対応しているものも多いです。

解像度だけが全てではないが…

4K はやはり綺麗です。

もちろんパネルの種類や機能も重要です。

あどみん
(私、正直 PCモニターは、あまりこだわらないからつい安いの買っちゃうけど)そうですよね。

最近は昔よりも買いやすくなっているので。

ゲームをしたり、動画を見たりする方はもちろん。

通常作業も疲れにくくなると思うので。

PCモニターを検討されている方は。

導入してみてはいかがでしょうか。